-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-06-24 06:47 | カテゴリ:太田市/うしおととり
うしおととり店主ブログ

鶏しおらーめん 690円

【夜の部シャッター】

うしおととり1 うしおととり2
店舗情報
住所:太田市東本町3-11
定休日:火曜日夜、水曜日
営業時間:11:30~14:00 18:00~材料終わり次第終了(火曜日は昼のみ営業)
*駐車場は店舗前の2台と店舗裏駐車場右3台(共用)です。お隣の店舗の前は駐車しないで下さい。
*この記事の写真は消音カメラを使用している為画質が劣化しています、ご了承下さい。

ご近所なのに駐車場の関係でハードルが高いコチラ『うしおととり』さん、この日は早めの業務終了につき夜の部シャッター(ないけどw)で訪問する事ができました。

オーダーは久しぶりの表記メニュー、確かコチラが『清湯』を始めたのがこのメニューでしたよね。
もう3年半以上が経過しているんですねぇ…

現在の一杯はこんな感じです
うしおととり3 うしおととり4
鶏しおらーめん 690円
丸鶏、鶏ガラベースの鶏清湯スープに北海道産昆布、サバ節、かつお節などの和風だしを合わせた身体に優しいスープです
塩ダレにはほたて貝柱、昆布、みりん、純米酒を使用したまろやかなイッパイに仕上げました

『かつお節』や『和風だし』などの表現方法がいかにもコチラのお店らしくて好感が持てます、原材料オタクにとってはつまらないかもしれませんが、要は食って美味いかどうかですから。

スープ&麺
うしおととり5 うしおととり6
ベースとなる鶏出汁はじんわりとしつつも確実に屋台骨を形成、塩ダレよりも香味油由来の旨みが優先し、グイグイと飲み続けたくなります。鶏も節も出過ぎる事はないながら、確実にその存在をアピール、これまたコチラのお店らしいトータルバランスに優れたスープです。
パツコナの細ストレート麺はかなり固めに茹で上げられておりますので、一般の方には粉っぽさが過ぎるきらいがございますが、個人的には大歓迎でございます。


うしおととり7 うしおととり8
国産チルド肉を使用したエロピンク肩ロース、鶏ムネ肉ともに盤石、この後のお楽しみにさせていただきました。
うしおととり9 うしおととり10
太メンマ、薬味ネギ2種、いずれも店主様のセンスが光ります。

別皿
うしおととり11 うしおととり12
別皿でお届けいただいた『酢醤油』、さらには取り皿に山葵まで付けていただけました。
いつもいつも すみませんです。
完全に ご飯が 欲しくなりました(笑)

過度のインパクトはございませんが、食べ進むにつつれてじんわりとした美味さで口の中が満たされる、素材感のある一杯。
コチラのお店の基本メニューでございますので、是非ともお召し上がりいただきたいメニューです。

ごちそうさまでした

49cc的評価
★★★★(4/5)
関連記事
【ジャンル】:グルメ 【テーマ】:ラーメン
コメント(0) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://gencharry.blog63.fc2.com/tb.php/2419-4bc7ef02
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。