-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-06-26 05:44 | カテゴリ:●中毛(前橋・伊勢崎)
来々軒支店

ラーメン 570円 半炒飯 460円

【超老舗の豚清湯】

来々軒支店1 来々軒支店2
店舗情報
住所:群馬県前橋市住吉町2-12-7
定休日:火曜日
営業時間:11:30~14:00 17:00~21:00
*この記事の写真は消音カメラを使用している為画質が劣化しています、ご了承下さい。

この日は午後から県都『前橋』でお仕事でしたので、近隣でお昼をいただきましょう。
まず訪れたのはコチラ『来々軒支店』さん、ご近所に第二支店第三支店もございますが、本店は存じ上げません。
数年前に店舗をリニューアルしてからは初訪問となりますので楽しみです。

店内
来々軒支店5 来々軒支店6
新築のような店内は清潔感に溢れております。

メニュー
来々軒支店3 来々軒支店4
ラーメン専門店ではございませんので、看板通り『中華西洋料理』がならびます。
『古老肉』なんて表記が泣かせますよ。

卓上
来々軒支店7 来々軒支店8
卓上の調味料の中に『自家製辣油』を発見、うれしいですねぇ。

久しぶりのデフォの一杯はコチラ
来々軒支店9 来々軒支店10
ラーメン 570円
チャーシュー、メンマ、薬味ネギが褐色のスープに乗って到着です。
レンゲが大きいのではありません、丼が小さいのです(笑)

スープ&麺
来々軒支店11 来々軒支店12
アブラの殆ど浮かないスープですが、豚の風味がガツンと責め立ててまいります、と同時にやや立ち気味の醤油ダレが強めに主張、店内に流れる穏やかな空気とはミスマッチとも言える『豚清湯』スープに歓喜します。
豚 VS 醤油 と言った印象でございます。
そんなスープにあわされた『青竹手打麺』は東毛地区に多く存在する多加水麺ではなく、粉をギュギュッと詰め込んだような印象の低加水麺、茹で加減が固めである事も手伝い、お蕎麦をいただいているような感覚ですが、咀嚼すれば粉の風味が豊かに香ります。


来々軒支店13 来々軒支店14
小ぶりなチャーシューは2枚、周囲が赤く縁取られており肉質良好、メンマも手作り感があり良質。

味変え
来々軒支店15
『自家製辣油』を少々加えますと…さすがは自家製深みと辛味が凄いです。
豚も醤油も辛味に負けます(笑)

別丼
来々軒支店16 来々軒支店17
半炒飯 460円
丼で到着した半チャーハンはお新香つきです。
来々軒支店18 来々軒支店19
塩胡椒ベースで調味され、刻みチャーシュー、ネギ、玉子、GP、ネギが具材として含まれます。
『半』としては価格が強気過ぎのような気がしますが、デフォの『やきめし』は770円ですので、バランス的には相応なのでしょう。
来々軒支店20
とにかく基本のラーメンスープの『豚清湯』が気に入りましたよ。
過去の記憶ではここまで『豚』が強かったイメージはありませんでしたが、この日スープは個人的には非常にストライクでした。

ごちそうさまでした

49cc的評価
★★★★(4/5)
関連記事
【ジャンル】:グルメ 【テーマ】:ラーメン
コメント(0) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://gencharry.blog63.fc2.com/tb.php/2422-79985837
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。