-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-06-26 05:57 | カテゴリ:●中毛(前橋・伊勢崎)
松葉屋

チャシューメン 650円

【かき氷もある老舗食堂】

松葉屋1 松葉屋2
店舗情報
住所:群馬県前橋市住吉町2-9-4
定休日:月曜日
営業時間:11:30~21:00
*この記事の写真は消音カメラを使用している為画質が劣化しています、ご了承下さい。

続いてお邪魔したのは『来々軒支店』さんと交差点を挟んで対角線上にあるコチラ『松葉屋』さんです。
店舗前には昔ながらの食品サンプルがディスプレイされ、季節の花である『紫陽花』と一緒にお出迎え。

店内
松葉屋3 松葉屋4
厨房前の壁面にメニュー掲示あり、店舗は古いながら店内は非常に清潔に維持されており好印象です。
店内は片づけの終わっていないテーブル以外は満席につき、片づけを待ってテーブル席にご案内いただきました。

メニュー(ランチ&麺類抜粋)
松葉屋5 松葉屋6
店内のお客様の殆どがAもしくはBランチを召しあがっているようですが、2軒目と言う事もあり表記をオーダーいたしました。

ほどなくして到着したのはコチラ
松葉屋7 松葉屋8
チャシューメン 650円(メニュー表記のまま)
チャーシュー5枚、メンマ、ワカメ、青ねぎが乗って到着です。
ナルトや薬味ネギが乗らないので、『肉そば』のようなビジュアルでございます。

スープ&麺
松葉屋9 松葉屋10
鶏ガラ中心の動物系、柔らかな節系、甘めのカエシダレ、香味野菜や調味料が旨味を整えるスープは、生姜や胡椒の風味がない為か、ビジュアル同様に『和風』な印象です。麺つゆライクと言えば判りやすいかな。
縮れのないストレート形状の中細麺は、その形状たる故と、スープの旨味を伴うのでやはりどことなく『和』を意識させ、かん水の風味よりスープが勝るので、お蕎麦をいただいている感覚でございます。


松葉屋11 松葉屋12
甘めに調味されたメンマと和風スープの相性はバッチリ、ワカメもこのスープではなくてはならない存在かと。
昔ながらの『豚正』のチャーシューはミッシリとした肉質、脂身がないのでスープと一緒にいただきます、噛めば噛むほどスープの旨味と融合して好印象です。見た目も素晴らしいでしょw

卓上
松葉屋13 松葉屋14
卓上に配備された胡椒と七味唐辛子を加えると、甘めのスープにピリッとしたアクセントが加わり印象一変。
この『味変え』は是非ともお試しいただきたいです。

気が付けばスープを姦淫してしまうほどグビグビしてしまいましたよ、2軒目なのにw
老舗食堂の和風な一杯は店内の雰囲気を含め、個人的な琴線に触れるほどストライクでございました。
おそらくは舌が変色するであろう『かき氷』(笑)もいただいてみたくなりましたよ。

ごちそうさまでした

49cc的評価
★★★☆(3.5/5)
関連記事
【ジャンル】:グルメ 【テーマ】:ラーメン
コメント(2) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://gencharry.blog63.fc2.com/tb.php/2423-135db7e8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。