-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-06-27 13:50 | カテゴリ:●栃木県
森田屋 足利支店

中華そば 650円 

【旧くて新しい森田屋】

森田屋足利1 森田屋足利2
店舗情報
住所:栃木県足利市島田町62-1
定休日:月曜日(祭日は営業)
営業時間:11:30〜14:30 17:00〜21:00
(LOは30分前・麺が売切れた時点で閉店します)
*この記事の写真は消音カメラを使用している為画質が劣化しています、ご了承下さい。

『森田屋』の中では比較的新しいお店である、コチラ足利店さんにお邪魔してまいりました。
『森田屋 足利支店』となってはおりますが、コチラは『支店系』と記憶しておりますので『森田屋支店 足利店』との表記が相応しいのかも。
『森田屋 足利支店』は元々は『総本店系』のコチラがございましたので、敢えて名前を引き継いでいるのかもしれません。
久しぶりの訪問ですが、オーダーはデフォの表記でございます。

到着したのはコチラ
森田屋足利7 森田屋足利8
中華そば 650円 
チャーシュー、メンマ、薬味ネギが乗る標準的森田屋な構成で到着、チャーシューが1枚なのがちょっと寂しい。

スープ&麺
森田屋足利9 森田屋足利10
豚ガラ中心の動物系、香味野菜、調味料、醤油感のあるカエシダレ、白胡椒、古くから続く王道的な森田屋スープでございます。
不揃いの手打麺は、今時珍しいくらい柔目に仕上がっており、『噛む』という行為を放棄しても問題が発生しない程。
粉の風味を楽しむ前に喉元を過ぎてしまうので、麺好きな方々は『固め』指定をお忘れなく。


森田屋足利11 森田屋足利12
バラ巻きチャーシューは1枚、やや薄手ですが肉質と調味加減は『森田屋』の名に恥じない出来映え。
メンマも予想通りの味付けでございます。

お店としては新しい部類ですが、総本店系の『東店@佐野』や『大平店@栃木』のように独自色を加える事なく古めかしい『森田屋』を継承している印象でございます。
近所であるならばたまにはお邪魔しても良いけど、わざわざ訪問するのは…
などと前回と同じ印象になっておりますので、ブレはないお店かと思います。

ごちそうさまでした

49cc的評価
★★★(3/5)
関連記事
【ジャンル】:グルメ 【テーマ】:ラーメン
コメント(0) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://gencharry.blog63.fc2.com/tb.php/2425-e0c86c49
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。