-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-07-03 05:14 | カテゴリ:●西毛(高崎・安中・富岡)
日本一馬鹿豚景勝軒グループHP←注意!音が出ます

馬鹿豚麺(麺少なめヤワメ・ヤサイ・ニンニク・アブラ多め・豚5枚)800円⇒700円

【焼肉ラーメン】

馬鹿豚1 馬鹿豚2
店舗情報
住所:群馬県高崎市貝沢町1320-1
定休日:無休
営業時間:11:00~22:00
*この記事の写真は消音カメラを使用している為画質が劣化しています、ご了承下さい。

なかなかお店が定着しなかった店舗に満を持して『景勝軒』グループが出店いたしました。
しかも、すぐ側にある行列店と同じ方向性で、その名も『日本一馬鹿豚』さんでございます。
『馬鹿豚』と言えば『にし田』さんの後期に水曜日限定で営業しておりましたが、コチラはどんな一杯がいただけるのでしょうか。

券売機&注文方法
馬鹿豚3 馬鹿豚4
メニューは基本的に1種類で『馬鹿豚麺』のみ、豚の枚数によって注文ボタンが別れております。
カウンターに用意してある赤ペンで食券に『ヤサイ』『アブラ』『ニンニク』の有無及び量を書き込んで申告するシステム、ヤサイ⇒標準 アブラ⇒多め ニンニク⇒標準 に〇を付けました。
麺に関しては特に記載はありませんが、スタッフ様にお伺いしたところ標準で250gとの事でしたので200gに変更してヤワメ指定をいたしました。

到着したのはコチラ
馬鹿豚5 馬鹿豚6
馬鹿豚麺(麺少なめヤワメ・ヤサイ・ニンニク・アブラ多め・豚5枚)800円⇒700円
ヤサイは標準でお願いしましたが、なかなか豪快なビジュアルで到着です。

アブラ多め&ニンニク
馬鹿豚11 馬鹿豚12
専用の小さな寸胴から添加されたアブラは真っ白、ニンニクは『ふじ麺』ではお馴染の漬ニンニクです。
真っ白の冷たいアブラをいただくのは気が進みませんのでスープに浸してから頂上へ移動。
馬鹿豚7 馬鹿豚8
目を背けないでください。
『豚が5枚』と聞くと、直系を食べ慣れた方は身構えると思いますが(あたくしも若干心配でした)実際に提供されたのは炙りの入ったバラストレートチャーシューが5枚だったので『チャーシューメン』を想像していただければ問題なし。
網焼き風に入った焦げ目が香ばしくアマショッパな味付け、これは麺よりもゴハンが進みそうですよ。
トロホロになるまで煮込まれており、素材のネガを調理法で隠していると思います。

スープ&麺
馬鹿豚9 馬鹿豚10
あーまーい。
アマショッパなカエシダレが大活躍のファーストインプ。
豚の風味とか素材感とか、そのような類ではなく添加された『アブラ』と『ニンニク』と一緒にジャンクにただいてください。
『焼肉のタレ』テイストと言えば判りやすいような希ガス。
ヤワメ指定の太麺は粉っぽさよりもカンスイの存在が確認でき、熱耐性の高いタイプかと思います。

卓上
馬鹿豚13 馬鹿豚14
後半は卓上の調味料を使って更にジャンクに変身ですよ。

直系のキモであるスープに『投入された大量の豚肉』がございませんので、姿かたちは似ていてもテイストは全くの別物です、ご承知置きいただければ幸いです。
だからと言って、この一杯を否定するわけではなく、大盛りの焼肉ラーメンとして捉えれば全く問題なし、ゴハンと一緒にいただけば満足できるかと思いますよ。
今は閉店してしまいましたが『大勝軒@前橋』の『野菜ラーメン』と同様で、違った楽しみ方でいただく事をオヌヌメさせていただきます。

ごちそうさまでした

49cc的評価
★★★☆(3.5/5)
関連記事
【ジャンル】:グルメ 【テーマ】:ラーメン
コメント(0) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://gencharry.blog63.fc2.com/tb.php/2434-a9bb20cd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。