-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-07-24 07:04 | カテゴリ:太田市/青竹打ち佐野ラーメン 王将
青竹打ち佐野ラーメン 王将

チャーシューメン 930円

【遠征帰り】

王将1 王将2
店舗情報
住所:群馬県太田市下小林町356-2
定休日:月曜日 木曜日夜
営業時間:11:30~14:30(土日祝~15:00)18:00~22:30(木曜休)
*この記事の写真は消音カメラを使用している為画質が劣化しています、ご了承下さい。

千葉遠征を終え、地元を目指すコテハンアラシ号は超快速、途中、お土産&トイレ休憩をしたにもかかわらず、21時を過ぎた頃には館林インターに到着してしまいました。
本日の〆の一杯をいただく為、R354沿にある夜営業のお店を目指しましたが、店外行列発生中。
異口同音に『もう行列はカンベン』となっておりました。
と言う事で、コチラ『王将』さんに訪問してみました、コチラのお店も、行列とまではいきませんが、ほぼ満席の混雑ぶりで人気の程がうかがえます。『いい肉つかってます』との追記がメニューに書かれた表記をオーダーです。

本日の〆はコチラ
王将3 王将4
チャーシューメン 930円
チャーシュー、メンマ、薬味ネギが乗るシンプルな出で立ちで到着、こう言うの好きなんです。

スープ&麺
王将5 王将6
スープ表層に浮くアブラ層はチャーシュー由来も含めて、コッテリさを醸し出しております。
醤油感は控えめですが、豚、鶏、野菜に調味料がビシビシと効いたスープはウマウマです、かなりウマウマ。
不揃いの手打ち麺は以前との比較で言えば細めにシフトしており、此方ならではの『うどんライク』ではなくなっているのがちょっと残念でしょうか。


王将7 王将8
やや脂身の多いバラ巻チャーシューは6枚、メニューに書かれた通り肉質は良好ながら、巻いた中心部分が写真でもわかる通り若干変色しておりプチレインボー、肉が悪くないだけにもったいないなぁ。通常のラーメンのチャーシューとは明らかに違いますが、価格もかなり違うのでオーダーが少ないのでしょうか。メンマは特筆なしですが、箸休めには問題ございません。

チャーシューメンをいただいたのはもしかしたら初めてかもしれませんが、強めのウマウマに加えアブラ層の主張が強く、結構なインパクトを伴っておりました。

ごちそうさまでした

49cc的評価
★★★☆(3.5/5)

同行させていただいた皆様に於かれましては、早朝から夜遅くまで大変お世話になりました。
人生初の高速での立ち●ョ●など、お見苦しい面が多々あったと思いますが、これに懲りず今後ともお近づきいただきたくお願い申し上げる次第です。
ありがとうございました。
関連記事
【ジャンル】:グルメ 【テーマ】:ラーメン
コメント(0) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://gencharry.blog63.fc2.com/tb.php/2463-c1295b30
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。