-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-08-13 05:34 | カテゴリ:●西毛(高崎・安中・富岡)
らーめんキッチン いいづか店舗ツイッター)(店舗FB

丸鶏の醤油らーめん 750円

【バランサー】

いいづか1 いいづか3
店舗情報
住所:群馬県高崎市綿貫町782-11
定休日:火曜日
営業時間:11:00~14:30(スープ、麺がなくなり次第終了)
*8/10現在メニュー数を絞って営業中です。
*この記事の写真は消音カメラを使用している為画質が劣化しています、ご了承下さい。

本年8月3日に開店したばかりのコチラ 『らーめんキッチン いいづか』 さんへお邪魔してみました。
あたくしとしては珍しい新店訪問、某ラーメン学校で技術を修得後、独学を経ての開店との事で、どんな一杯がいただけるのか非常に楽しみです。
店舗は以前『全力少年』があった場所、群馬の森のすぐ側なので非常に判りやすいです。

訪問時間がちょうどお昼であった為か店舗前駐車場は満車でしたが、交差点角に第2駐車場が完備されており、十分な駐車スペースが確保されております。
いいづか4 いいづか6
店内は禁煙 写真はOK

製麺室&卓上
いいづか7 いいづか8
玄関を入った右手が製麺室になっており、高級製麺機が鎮座。
洗練されたオサレな店内は、液晶モニターで食材の情報をアナウンスするなど、ラーメン店とは思えない仕様です。
カウンターにご案内いただくと、某社労組からの生花が飾られておりました、店主様がお勤めになっていた会社なのでしょう。

ごあいさつ&当店のこだわり
いいづか9 いいづか11
ハードルが上がります(笑)

メニュー
いいづか10
事前情報に依ると『塩』がウリかと思っておりましたが、メニューの一番上が『醤油』でしたので、まずはそちらをいただく事にしましょう。

到着したのはコチラ
いいづか12 いいづか13
丸鶏の醤油らーめん 750円
チャーシュー、メンマ、薬味ネギ、アンチョビが乗って到着です。
(提供時に『アンチョビのオリーブオイル』とご説明いただきました)
間口の大きな丼は強めのラウンドが加わり、丼下部へ絞り込まれております。
オサレなラーショみたい(笑)

スープ&麺
いいづか14 いいづか15
丸鶏由来の風味と表層の油層が主導しますが、過度の主張ではなく丸い仕上がり、加えて昆布や野菜の旨みと煮干や節系が追随し、わずかにナンプラーのような風味を感じるカエシダレと相乗するも、何かが突出する事はなく極めてバランサーな印象です。
新店らしからぬ 奥深い味に驚きを隠せませんよ。
自家製の中細ストレート麺は『当店のこだわり』にあるように加水は中庸で、ツルツルとした食感、咀嚼すれば確実に粉の風味がありますが、スープ同様に全体のバランスを考えて作られているのかと思います。


いいづか16 いいづか17
大判の肩ロースチャーシューは下煮の後、赤ワイン等を使用して調味されているとの事で、お味は薄めながらスープとの相性は非常に良好です。敢えてネガを言えば、写真でもお判りの通り、わずかに繊維に『す』が入っており、パサつきが感じられたのと、ほんの少しだけ獣臭を感じたのが残念といえば残念。メンマは素材感の残った仕上がりで上々の出来栄えです。
いいづか18
途中でスープと混ぜる事をお勧めいただいたアンチョビは塩気が強く、ナンプラーっぽさはこれから来ていたのかな?
臭みなどは全くないので、ごはんと一緒にいただくのも良いかもしれません。
後半はアンチョビの風味が強めのスープに味変えとなった次第です。

独学で始められた店舗ではございますが、非常にバランスが良く、見せ方を熟慮された事が想像でき、調理スキルもさる事ながら店主様のセンスにびっくりの訪問となりました。
という事で お次(笑)

ごちそうさまでした

49cc的評価
★★★★☆(4.5/5)
関連記事
【ジャンル】:グルメ 【テーマ】:ラーメン
コメント(0) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://gencharry.blog63.fc2.com/tb.php/2493-2b3e37af
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。