-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-08-19 05:48 | カテゴリ:●新潟県
三吉屋

叉焼麺(肉そば)小 700円

【地元の味】

三吉屋1 三吉屋2
店舗情報
住所:新潟県新潟市中央区西堀通5番町829
定休日:火曜日
営業時間:11:00~16:00 17:00~19:00
*この記事の写真は消音カメラを使用している為画質が劣化しています、ご了承下さい。

青島さんを出た後は新潟あっさり系の代表店であるコチラ 『三吉屋』 さんへお邪魔してみました。
お昼近い訪問となってしまったので、店内満席につき店外行列となってしまいました。
三吉屋3 三吉屋4
お店の即席麺まで販売されている程の人気店のようです。
数分の待ちの後、回転が非常によろしいらしく、すぐに入店できました。

メニュー&卓上
三吉屋5 三吉屋6
古めかしいメニューがなかなか乙でございます。卓上調味料は白胡椒のみ。

表記をオーダーしますと、本当に数分で到着したのがコチラ
三吉屋7 三吉屋8
叉焼麺(肉そば)小 700円
チャーシュー5枚、ナルト、メンマ、薬味ネギが乗って到着です。

スープ&麺
三吉屋9 三吉屋10
鶏と豚の混合ダブルスらしき動物系出汁、昆布や香味野菜などの旨味、調味料が淡いながらもしっかりと融合した甘めの口当たりを伴うスープ。個人的には胡椒レスのコチラに近い印象を持ちました。
強めの縮れの細麺は昔ながらの屋台中華のようなビジュアルですが、カンスイの作用は穏やかでクタリの早い類と思われます。
スープの持ち上げは見ての通り秀逸でアマウマなお味が麺に乗っかる乗っかる。


三吉屋11 三吉屋12
ナルトが真ん中に鎮座する具材の中心は叉焼麺ですからもちろんチャーシュー。
肩ロースと思しきそれは、繊維に気泡ができている事から冷凍肉と想起されますが、特に臭みなどがあるわけではなく、普通に美味くいただけます、調味はやや薄めでございます。
三吉屋13 三吉屋14
メンマも薄味で特筆はありませんが、箸休めとしては何ら問題ございません。

どこの地域にも地域ならではの『昔からの味』が存在し、(当地域で言えば豚鶏清湯の手打ち麺)当該地域でその味を幼少のころから慣れ親しんで成長し、個人の味覚が形成されるという事を前提とすれば、この地域の味はまさしくコレなんだろうなぁ と認識いたしました。
当地域で昔から支持されてきた『地域の味』を味わえる貴重な訪問になりました。

ごちそうさまでした

49cc的評価
★★★☆(3.5/5)
関連記事
【ジャンル】:グルメ 【テーマ】:ラーメン
コメント(0) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://gencharry.blog63.fc2.com/tb.php/2501-c3c4404c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。