-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-09-13 12:40 | カテゴリ:桐生市/らーめん芝浜
らーめん 芝浜店舗HP)(店舗ツイッター)(店舗FB

朝らー定食(醤油)702円 大山鶏コンフィ 270円

【アマコク】

芝浜1 芝浜2
店舗情報
住所:群馬県桐生市相生町1丁目303-1 (群東ビル)
定休日:水曜・第4木曜
営業時間:7:00~14:30 材料がなくなり次第終了
*イーゼルに書かれている価格は税込、メニューに書かれている価格は税抜です。
*この記事の写真は消音カメラを使用している為画質が劣化しています、ご了承下さい。

ちょっと遅めの朝ごはんをいただきにコチラ 『芝浜』 さんへお邪魔してみました。
朝の限定が売り切れてから、通常メニューの提供が始まる10時までが、唯一のアイドルタイム。
とは言うものの、空き席僅かなカウンターに失礼して、一番のお気に入りである表記をオーダーです。

到着したのはコチラ
芝浜3
朝らー定食(醤油)702円 大山鶏コンフィ 270円
まさしく 食う前から うまい
芝浜4 芝浜5
かけそばにお気に入りの大山鶏コンフィをトッピングしていただきました。

スープ&麺
芝浜6 芝浜7
おぉっ! かなりまろやかにシフトしておりますよ。
前回醤油をいただいた時も開店当時に比べて丸くなった印象を持ちましたが、今回は丸いだけでなく嫌味のない甘みが加わり、個人的には大歓迎。
鶏の風味、鶏油のコク、乾物魚介と煮干の風味、まろやかな醤油ダレ
それらすべてがかなり高次元でシンクロしており、コチラがお好きな方ならば、このリファインは歓迎されると思います。

生醤油の存在感が薄れてきているので独自路線と言えそうです、美味い。
偶然なのか、麺の茹で加減もやや固く感じられ、パツパツとした食感が一義的に主張しており、麺の美味さは以前同様。


芝浜8 芝浜9
しっとり食感の大山鶏のムネ肉、咀嚼すると肉本来の自然な旨味が感じられるので是非ともゆっくりいただきたい一品。
ネギが2種類乗るのもうれしいです。

別丼
芝浜10 芝浜11
エロロゼ肩ロース、トロホロバラチャーシューともに肉質が素晴らしい。
にほんいち醤油と胡椒でいただく、シンプルながらも素材の良さにフォーカスしたサイドメニューです。

これは間違いなく…
芝浜12
こうなっちゃいますよね。

醤油をいただくのは3カ月ぶりでしたが、開店以降着実に自店の味を確立していると感じました。
こりゃ うんまいですよ。

ごちそうさまでした

49cc的評価
★★★★☆(4.5/5)
関連記事
【ジャンル】:グルメ 【テーマ】:ラーメン
コメント(0) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://gencharry.blog63.fc2.com/tb.php/2536-25e0a5c9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。