-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-09-19 06:16 | カテゴリ:太田市/うしおととり
うしおととり店主ブログ

味玉鶏しょうゆラーメン(追い鰹) 800円 半ライス 100円 

【平日夜限定】

うしおととり1 うしおととり2
店舗情報
住所:太田市東本町3-11
定休日:火曜日夜、水曜日
営業時間:11:30~14:00 18:00~材料終わり次第終了(火曜日は昼のみ営業)
*駐車場は店舗前の2台と店舗裏駐車場右3台(共用)です。お隣の店舗の前は駐車しないで下さい。
*SW中も通常通り22日(火)は午前営業、23日(水)はお休みです。
*この記事の写真は消音カメラを使用している為画質が劣化しています、ご了承下さい。

清湯専門店にリニューアルして以降、着実に人気上昇中のコチラ 『うしおととり』 さんにお邪魔してみました。
平日であっても昼営業でスープ切れがめずらしくなく、ブログを確認してから訪問されることをおすすめします。
前回の一杯が個人的には超ど級のストライクでしたので、今回は平日夜限定の『追い鰹』をいただくことにいたしましょう。

うしおととり3 うしおととり4
味玉鶏しょうゆラーメン(追い鰹) 800円 半ライス 100円 
*注:酢醤油と別皿の山葵はお願いして付けていただいております、通常は付きません。
『追い鰹』は具材が別皿で提供されます。←けっこう重要
うしおととり5 うしおととり6
斜め切りのネギと青ネギが乗るのみの麺丼。

スープ&麺
うしおととり7 うしおととり8
初動で鶏油の旨みと醤油ダレのまろやかさを感じた後に、どっしりとした鶏、更には煮干しや鰹がふんわりと香ります。
甘めの口当たりを保持しつつも、素材の風味が怒涛のごとく口内を占領していく様はコチラのお店の大きな特徴かと。
細ストレート麺はパツコナで噛み答え、風味、ともに秀逸であり大好き。


うしおととり9 うしおととり10
肩ロースのエロロゼ、鶏ムネエロピンク、細切りメンマ、海苔、味玉2/2からなる具材は写真のように別皿で提供されます。
うしおととり11 うしおととり12
酢醤油と山葵でいただく珠玉のレアチャーシューは、ごはんのお供にしたいので後ほど大活躍。
穂先⇒極太⇒細切と変化を続けてきたメンマは、八角が仄かに香り、絶妙な味付け、このお味をダイレクトに楽しめる別皿提供はうれしい限り。
また、味玉の煮加減も素晴らしい、ゼリー状になった黄身のやや甘めの調味加減が個性的です。

別丼
うしおととり13 うしおととり14
半ライス 100円
食味、粘りともに文句なしのごはんに酢醤油に浸したチャーシューを乗せてみます。
しっかし 美味いなぁ。

結果 当然…
うしおととり15
ファイヤー!
前回に引き続き、今回も立派な連食キラーとなっておりますが、ここまで美味ければ余韻に浸りたく、納得。
つくづくご近所であることをありがたく思うのであります。
平日夜限定『追い鰹』 ぜひお試しください。

ごちそうさまでした

49cc的評価
★★★★☆(4.5/5)
関連記事
【ジャンル】:グルメ 【テーマ】:ラーメン
コメント(0) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://gencharry.blog63.fc2.com/tb.php/2542-144c677c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。