-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-09-23 08:10 | カテゴリ:館林市/つけ麺 弥七
つけ麺 弥七店舗ブログ)(店舗ツイッター

いも(塩)麺少な目 650円

【鶏大爆発】

弥七1 弥七2
店舗情報
住所:群馬県館林市赤生田町1987-3
定休日:月曜日・火曜日
営業時間:11:30〜15:00頃、今のところ夜の部の営業はしておりません
*9月24日(木)・25日(金)は振替休日になります、お気を付けください。
*この記事の写真は消音カメラを使用している為画質が劣化しています、ご了承下さい。

黒薩摩鶏を使って炊いた清湯ラーメンです。
見事に釣られてみましょうか。
閉店間際の訪問でしたので、コチラにしては珍しく外待ちなしのスムースイン、アンヌ隊員殿の元気の良い挨拶に出迎えられ店内へ。

表記をお願いして待つ事しばし、到着したのはコチラ(以下、写真はイメージです)
ガクト せがわ
一体誰なんですか(爆) 
テレビのない生活をしているので情弱著しいのです。
弥七3 弥七4
いも(塩)麺少な目 650円
黄色くなっちゃった。
レアチャ2枚、バラチャ、穂先メンマ、三つ葉、味玉(サンクス)が乗って到着です。

スープ&麺
弥七5 弥七6
素スープ、鶏油、ともに鶏の風味、旨味が大爆発。
特に鶏油のインパクトは凄まじく、スープ全体を覆い尽くすかの如し。
角のない塩ダレである事も手伝い、とにかく 鶏  
ポソパッツンの細ストレート麺もこのスープの前では、存在がかすんでしまう程です。


弥七7 弥七8
ローストポーク状まで火入れされた肩ロース肉は肉質が素晴らしく、素材自体の旨味がタップリ。
箸でつまんだら崩れかける程にトロホロまで煮込まれたバラチャーシューも安定の美味さ。
弥七9 弥七10
穂先メンマ、味玉(サンクス)ともに強烈なスープと戦っておりますよ(笑)

味変え
弥七11 弥七12
鶏の風味があまりに強烈なのでラーメンなのにスープ割を投入。
煮干の風味が加わり、更に美味い なんぢゃこりゃ。

とにもかくにも ここまで強烈な鶏清湯はお目にかかった事はございません。
『塩』でいただいたので、特に凄まじかった…
うん うまい。

ごちそうさまでした

49cc的評価
★★★★☆(4.5/5)
関連記事
【ジャンル】:グルメ 【テーマ】:ラーメン
コメント(0) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://gencharry.blog63.fc2.com/tb.php/2548-2697722f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。