-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-10-02 14:20 | カテゴリ:●東京都
若葉公式サイト

中華そば 700円

【お次】

若葉1 若葉2
店舗情報
住所:東京都中央区築地4-9-1
定休日:不定休
営業時間:5:00~14:00
*この記事の写真は消音カメラを使用している為画質が劣化しています、ご了承下さい。

前店を後にして、移動すること約1分。
コチラ 『若葉』 さん付近をうろつき、躊躇することなく表記をオーダーするあたくし。
もしかしたら 僕は ラーメン好きかもしれません。
若葉3
お持ち帰りも可能ですって、想定してませんが(笑)
ちなみにこれ、食事用のカウンターです。

いただいたのはコチラ
若葉4 若葉5
中華そば 700円
チャーシュー、メンマ、たっぷりのネギが乗って到着。
若葉10
琴線に触れる出で立ち パート2。

スープ&麺
若葉6 若葉7
鶏ガラ、豚ガラが程よく香り、仄かな甘さを伴う醤油ダレが視界と相乗し、一口目の満足感は相当なモノ。
さっきの一杯よりは控えめとは言うものの、十分すぎる甘みが全体を整えてくれ、美味い、ウマスグル。
細縮れの中華麺は、啜るたび唇に感じる微振動がたまらないですよ。
後半はクタリを感じますが、急いでかきこむのがこの一杯の正式な食い方と理解いたします。


若葉8 若葉9
醤油の存在をきっちり感じ取れるチャーシュー、箸休めのメンマともに塩気がやや強めですが、寧ろこの一杯にはこれが最良とも思える、妙な説得力を持っております。いずれも素材に抜かりはございません。

早朝からまさかの連食でございましたが、満足感が背徳の2文字を葬り去って余りある伝統の一杯、いや二杯。
この気分が味わえるのは、ここ『築地』だけでしょう、間違いなく。素晴らしい素材に感謝でございます。

ごちそうさまでした

49cc的評価
★★★☆(3.5/5)
関連記事
【ジャンル】:グルメ 【テーマ】:ラーメン
コメント(0) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://gencharry.blog63.fc2.com/tb.php/2560-877f5355
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。