-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-10-05 05:46 | カテゴリ:●栃木県
足利叢林

ラーメン 600円

【二毛作営業】

叢林1 叢林2
店舗情報
住所:栃木県足利市大門通2375
定休日:月曜日
営業時間:11:00~15:00 17:00~21:00(夜の部はバー営業)
*この記事の写真は消音カメラを使用している為画質が劣化しています、ご了承下さい。

足利叢林の昼の部がラーメン専門店になったとの情報がございましたので、早速訪問してみました。
コチラのお店はcoco spoonの姉妹店らしく、と言う事はCOCO FARMの関係店、延いてはこころみ学園を母体とするお店って事になるのかな?
叢林3
大日様の太鼓橋手前と言う最高の立地、駐車場も店舗横奥にございます。
カフェの頃はもちろん訪問しておりませんでしたので、今回が初訪問。

店内
叢林5 叢林4
開店直後なので先客様はいなく、入口正面テーブル席一番奥に失礼いたしました。
現在でも夜はカフェ&バーとして営業しているので、非常にオサレな空間となっておりますよ。

食事メニュー&卓上
叢林6 叢林8
メニュー構成は至ってシンプルで醤油味一本、ぎょうざが2種類あるのが特徴ですね。

到着したのはコチラ
叢林9 叢林10
ラーメン 600円
チャーシュー、メンマ、ナルト、水菜、薬味ネギがシンプル且つオサレな丼に乗って到着です。

スープ&麺
叢林11 叢林12
動物系はあくまで下支えとしての作用に留まるものの、魚介や昆布の風味と融合ししっかりとした旨味を形成。
バランスに優るるため、木製レンゲの上下運動がなかなか止まりそうにもない程に飲んじゃいましたよ。
『青竹打ちの麺』と称された平打の縮れ麺は、太さが均一なので機械切りと思われます。
熟成が進んでおり、積極的に粉を味わうタイプではありませんが、チュルチュルとした啜り心地でスープとの相性は良好でしょう。


叢林13 叢林14
バラ巻のチャーシューは煮豚、小ぶりながら肉質は良く、醤油感の強い調味加減もこの一杯にあっては全く自然な印象。
甘みのあるメンマも問題のないレベルに仕上がっております。
いずれも無化調とは思えない旨味を伴っており、単なる免罪符になってないところがステキ。

店内
叢林16 叢林17
お会計をする為店舗奥のレジまで向かうと、蔵があるではありませんか!

中々なクオリティの一杯を心地よい空間でいただけるこちら 『足利叢林』 さん。
今はまだ認知度が低いため混雑とまではなっておりませんので、観光ついでにでも訪問されてみてはいかがでしょうか?
叢林18
掘り出し物ハケン。

ごちそうさまでした

49cc的評価
★★★★(4/5)←店内雰囲気含む
関連記事
【ジャンル】:グルメ 【テーマ】:ラーメン
コメント(0) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://gencharry.blog63.fc2.com/tb.php/2567-303ed99c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。