-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-10-08 23:08 | カテゴリ:太田市/うしおととり
うしおととり店主ブログ

追い鴨 850円 

【尊敬の一杯】

うしおととり1 うしおととり2
店舗情報
住所:太田市東本町3-11
定休日:火曜日夜、水曜日
営業時間:11:30~14:00 18:00~材料終わり次第終了(火曜日は昼のみ営業)
*駐車場は店舗前の2台と店舗裏駐車場右3台(共用)です。お隣の店舗の前は駐車しないで下さい。
*この記事の写真は消音カメラを使用している為画質が劣化しています、ご了承下さい。

裏 : 追い鴨
本日夜の部で少量ではありますが「鴨つけ蕎麦」ご用意させて頂きます。動物系不使用のダシにオーダーごとに鴨で追い鴨致します。鴨せいろをイメージして頂くとお味が想像できるかと思います。麺はいつもの全粒粉の麺です。トッピングは鴨チャーシュー2種(焼きと燻製)、牛蒡の素揚げ、焼きネギ。また半ライスと昆布〆にした卵黄、甘露醤油がセットでつきます。お好みで卵黄をつけダレへ少量入れて月見蕎麦感覚で、または半ライスにかけて召し上がるのもオススメです。裏メニューですのでいつものように数が少ないですm(_ _)mお早めの御来店をお待ちしております。


仕事になりませんよ。
予定表に『直帰』と書いて出かけるのです。

オーダーする前から美味い一杯はコチラ
うしおととり3 うしおととり4
追い鴨 850円 

麺皿
うしおととり5 うしおととり9
刻み海苔、燻製鴨、焼き葱、牛蒡揚げが乗って到着です。
芳ばしい全粒粉配合の細ストレート麺、モチモチ感が出る程度まで茹でられ風味、食感ともに抜群。

つけダレ
うしおととり7 うしおととり8
動物系オフのつけダレですが、乾物魚介だけに留まらず『追い鴨』の効果は覿面。
鴨独特の風味が感じ取れ、まさかここがラーメン屋さんだとは思えない(笑)


うしおととり10 うしおととり11
燻製の鴨肉は控え目な調味加減で燻された香りが魅力的、
店主様は納得していないらしいですが、どんだけハードルを上げるつもりなんでしょう(笑)
牛蒡揚げはつけダレにインして、絶妙な味変えアイテムになりました。
うしおととり12 うしおととり13
甘みを感じられる焼き葱はそのままいただくのも良し、つけダレに入れるも良し、甘露しょうゆにつけるのもこれまた美味い。
肉感を残した焼き鴨は直ぐにはいただかずに楽しみ方イロイロ。

別皿
うしおととり14 うしおととり15
半ライス、昆布〆卵黄、甘露しょうゆ 
しつこいようですが、ココはラーメン屋さんですからねw
うしおととり16 うしおととり17
旨味が増した卵黄にアマショッパな甘露しょうゆを加え、鴨肉をイン。
半ライスでは足らなくなるくらいにご飯が進んでしまいます。

別丼
うしおととり20 うしおととり21
まかない鴨丼の完成です。

味変え
うしおととり18 うしおととり19
残った卵黄は麺に絡めてセパレート食い絶賛進行中。
甘露しょうゆの効果もあって、箸が止まりません。

スープ割
うしおととり22 うしおととり23
最後の最後に『鶏降臨』
ラーメン気分でフィニッシュと言うまさかの展開。

センス、ギミック、もちろん味も全く非の打ちどころがございません。
個人的ですが、此方の代替店は現存しませんよ ホント。
参りましたね 今回ばかりは。

ごちそうさまでした

49cc的評価
★★★★★(5/5)
関連記事
【ジャンル】:グルメ 【テーマ】:ラーメン
コメント(0) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://gencharry.blog63.fc2.com/tb.php/2572-f1e6ffa8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。