-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-12-17 06:25 | カテゴリ:太田市/うしおととり
うしおととり店主ブログ

味玉鶏清湯つけめん 800円

【清湯つけめん最高峰】

うしおととり1 うしおととり2
店舗情報
住所:太田市東本町3-11
定休日:火曜日夜、水曜日
営業時間:11:30~14:00 18:00~21:00 材料終わり次第終了(火曜日は昼のみ営業)
*駐車場は店舗前の2台と店舗裏駐車場右3台(共用)です。お隣の店舗の前は駐車しないで下さい。
*この記事の写真は消音カメラを使用している為画質が劣化しています、ご了承下さい。

2ヶ月以上いただいていない表記メニュー もう限界です(笑)
具合良く駐車スペースが空いておりましたのでスムースインと相成りました。

ワクドキの一杯はコチラ
うしおととり3 うしおととり4
味玉鶏清湯つけめん 800円
*注:酢醤油と別皿山葵はお願いして付けていただいております、通常は付きません。

麺皿
うしおととり5 うしおととり6
最初はそのまま食って欲しい全粒粉配合のストレート細麺。
香ばしくもあり粉の風味も存在しております。

つけダレ
うしおととり7 うしおととり8
甘露しょうゆと味醂が塩梅良く作用し、鶏の旨味と乾物魚介の風味と融合する極上清湯スープは何回食っても神。
ありがち感は全くなく、『うしおととりオリジナル』と断言します。 が異論は認める。


うしおととり9 うしおととり10
肉質、煮加減ともに完璧、レアチャとしてはベンチマークにして欲しい程。
鶏ムネ肉もしっとりと仕上げてあり、全くブレがないのは称賛に値します。
細メンマは歯応えを残しており、やや薄めの調味加減で提供されます。
うしおととり11 うしおととり12
黄身のネットリ感がたまらない味玉、つけダレに投入し風味を楽しめる海苔もイィ。

お楽しみ
うしおととり13 うしおととり14
ニヤケっぱなしですが何か?

スープ割
うしおととり15 うしおととり16
魚介の香りが一気に強まる至福のスープ割。
普段スープ割をしない方にも是非味わっていただきたいです。
最後は一味を投入して、和そば感満載でフィニッシュです。

当然こうなります。
うしおととり18
イヤッハー!

最近は新店ができてもあまり食指が動かないのは、定期訪問店が余りにも素晴らしいからと勝手に理解しております。
白湯は『弥七』 清湯は『うしおととり』 ラヴは『材木屋』
これがFA in 東毛。

ごちそうさまでした

49cc的評価
★★★★★(5/5)
関連記事
【ジャンル】:グルメ 【テーマ】:ラーメン
コメント(0) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://gencharry.blog63.fc2.com/tb.php/2657-17a7478e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。