-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-12-21 05:37 | カテゴリ:伊勢崎市/麺&cafe Coi.Coi. 
麺&cafe Coi.Coi.店舗ブログ)(店舗ツイッター

赤城鳥と鰹の塩 (麺茹20秒) 750円 チャーシュー増し 180円

【マジびっくり】

コイコイ1 コイコイ2
店舗情報
住所:群馬県伊勢崎市太田町149-1
定休日:水曜日
営業時間:11:00~20:00(営業時間が変更になりました、ご注意ください)
*この記事の写真は消音カメラを使用している為画質が劣化しています、ご了承下さい。

『赤城鳥と鰹』に塩が販売開始になったらしいコチラ『麺&cafe Coi.Coi.』さんへお邪魔してみました。
常連さんの記事によると相当美味いらしいので非常に楽しみです。
おやつタイムに近い時間の訪問でしたが先客様は2組様、ラーメンと和え麺を連食されております。

迷うことなく表記をお願いして麺の確認をすると 標準は細麺だけど、アタイは中太押し らしい。
ぢゃ なんで細麺がデフォなのかと小一時間(笑)
お店のオヌヌメに従い中太麺を選択、茹で時間20秒でお願いしてみました。

ハードルアゲアゲの一杯はコチラ
コイコイ3 コイコイ4
赤城鳥と鰹の塩 (麺茹20秒) 750円 チャーシュー増し 180円
麺と具材が別提供なのは『醤油』と共通仕様、油が別添なのは塩のみ。
コイコイ5 コイコイ6
油玉は少な目ながら存在し、黄金のスープに輝きを加えております。

スープ&麺
コイコイ8 コイコイ9
一口目の印象は…
アタシは今どこの店にいるんだろうか?
赤城鳥がしっかりとした土台を形成し重厚な動物系出汁の上に、鰹由来の芳醇な旨味が見事なまでに花開く極上鶏塩スープではありませんか。
嘘だと思うなら食ってみろ。俺だって嘘だと思ったくらいだ(爆)
鰹と言っても、いわゆる鰹粉のような風味ではない、むしろそれよりも香りは弱い程度、しかしやや甘めの旨味が口の中に充満、加えて塩ダレがとても丸く、全くカドを感じないのも好印象を後押ししております。
これ、アブラ別添は大正解と本気で思いましたよ。
超固茹で仕様(20秒)の中太麺(梨乃)は強烈な噛み応えとでヴァギ ヴァギナ食感一歩手前。
しかしこのスープには驚きですよ、左順手が止まらずイタタを忘れて飲み続けてしまいました。
ものすっげぇ コナコナ。


コイコイ9 コイコイ10
別提供される具材と香味油(?)
コイコイ11 コイコイ12
シットリ食感のチルド肉バラチャーシューは煮加減、調味ともに非の打ちどころなし。
鶏ハム(らしい)もしっとりとしておりましたが、薄味のため僅かに酸化臭がしたのが玉にキズ。
その他、八角マンメ、プレーン半玉ともに箸休めとしては文句なしの存在。
いずれも超繊細なスープに入れてしまうと、影響が出ると思ったので、そのままスープと一緒にいただきました。

油効果確認
コイコイ14 コイコイ15
赤城鳥の鶏油はアマウマ控え目、過度の主張はなく旨味を増幅する事に専念。
個人的にはどちらでも良いけど、味の変化を楽しめます。

素スープ
コイコイ16
『ホントにこれ無化調?』 が癪に障ったのか素スープをご提供いただきました(爆)
動物系の土台に魚介の旨味が乗っております、塩ダレ由来の甘みがないので幾分おとなしく感じましたが、極上のスープである事は間違いなし。

当然こうなりました
コイコイ17
イヤッハー!

居心地がよくハズレのないお店との認識でしたが、今日から認識を改めます、スマソ。
スープ、麺、具材の全てが個人的なパーフェクトに近く、今までいただいた『鶏塩』の中でも3本の指が入るほどの出来栄えでございました。

これが 上ブレや 気まぐれ でない事を心よりお願い申しあげます。

ごちそうさまでした

49cc的評価
★★★★☆(4.5/5)
関連記事
【ジャンル】:グルメ 【テーマ】:ラーメン
コメント(0) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://gencharry.blog63.fc2.com/tb.php/2661-312e648f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。