-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016-01-13 21:10 | カテゴリ:伊勢崎市/麺&cafe Coi.Coi. 
麺&cafe Coi.Coi.店舗ブログ)(店舗ツイッター

赤城鳥の鶏油そば 600円
週末限定和え麺【背脂】150円

【麺にフォーカス】

コイコイ1 コイコイ2
店舗情報
住所:群馬県伊勢崎市太田町149-1
定休日:水曜日
営業時間:11:00~20:00(営業時間が変更になりました、ご注意ください)
*この記事の写真は消音カメラを使用している為画質が劣化しています、ご了承下さい。

年末に販売開始となった『赤城鳥と鰹の塩』の興奮も冷め止まぬ間に、次作のお試し販売中のコチラ『麺&cafe Coi.Coi.』さんへ行ってきました。
もともと麺の美味さには定評のあったお店の汁なし系なのでハードルがアゲアゲでございます。

そんな一杯はコチラ
コイコイ3 コイコイ4
赤城鳥の鶏油そば 600円
チャーシュー、メンマ、刻み玉ねぎ、白髪ネギが乗って到着です。


コイコイ5 コイコイ6
白髪ネギ好きなあたくしとしてはありがたいアイテム、玉ねぎ、メンマは混ぜてからいただきます。
極上のチャーシューはラーメン同様です。


コイコイ9 コイコイ10
全粒粉が多めに含まれる自家製ストレート麺はこのままいただいても十分に美味い。
鶏油と醤油ダレはご覧のようになっております。
コイコイ11 コイコイ8
鶏油の主張は然程強くなく、旨味を増幅させまったりとした口当たりに変化させるに留まります。
タレと絡んでも麺の風味はマスクされず、粉っぽさ満載。
コーヒーカップで提供されたので、このまま飲んでしまったスープ割。
素スープの出来の良さは『赤城鳥と鰹の塩』で確認済み、セパレートでいただいても全く問題なし。

コイコイ12 コイコイ13
最後は少々丼に投入、もちろん姦淫。
イヤッハー!

麺とスープ割の余韻に浸っていると到着したのはコチラ
コイコイ14 コイコイ15
週末限定和え麺【背脂】150円

義務 ではなく 愛

申し遅れました 北関東アブラー隊 隊長 です。

アタシ 背脂には うるさいんです。

コイコイ16 コイコイ17
僅かに香る豚臭、これは腹アブラとのブレンドと思料。

まさしく東京豚骨の背脂 強いて言うと『ホープ軒@千駄ヶ谷』に近いですよ。

うまい 背脂 うまい

醤油ダレとの絡みも良く、空腹だったら3杯は食いたい。

頼む 毎回やってくれ(爆)

ごちそうさまでした

49cc的評価
★★★★☆(4.5/5)
関連記事
【ジャンル】:グルメ 【テーマ】:ラーメン
コメント(0) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://gencharry.blog63.fc2.com/tb.php/2694-5fcdb61b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。