-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青竹打ち佐野ラーメン 王将2号店

ねぎ味噌らーめん 900円

【飲酒後に手打味噌】

王将1 王将2
店舗情報
住所:群馬県太田市飯田町886 南一番街「居酒屋どん」隣
定休日:月曜日
営業時間:21:00~4:00(スープ切れ終了あり)
*この記事の写真は消音カメラを使用している為画質が劣化しています、ご了承下さい。

太田に帰還して単独二次会へ向かいます、むかしは太田の夜と言えば『味噌ラーメン』が定番でしたが、今やその面影なく非常にさみしいのであります。
そんな時はコチラ『王将2号店』さん、深夜に手打味噌がいただける貴重なお店です。

メニュー&卓上
王将3 王将4
佐野系のお店ではお初の『ねぎ味噌』をお願いしてしばし待ちます。

お待ちかねはコチラ
王将5 王将6
ねぎ味噌らーめん 900円
和えネギ、チャーシュー、メンマ、ナルト、がゴマの浮くスープに乗って到着です。

スープ&麺
王将7 王将8
白味噌中心の味噌ダレにニンニクやほんのりマーガリンが香り、あっさりながらコク十分のスープは飲酒後には美味すぎ。
左順手が止まりません。
自慢の不揃い青竹手打麺は本店で打たれた本格派、スープの持ち上げも良好で食い過ぎなのにまだ食える(爆)


王将9 王将10
和えネギは豆板醤で調味されているのみで、ラーショのネギを想定するとやや控えめな印象です。
魔法の粉とゴマ油が欲しくなったのはなぜでしょうか(爆)
バラ巻のチャーシューはトロホロまで煮込まれておりますが、強めの獣臭を伴い、残念ながら完食できませんでした、スマソ。
王将11 王将12
ナルト、メンマは箸休めとしては全く問題なし。

後半になるとネギの豆板醤に依りスープが若干変化してまいります。
王将13 王将14
そしてニンドバでジャンクに変身です。

本店譲りの本格手打ち麺と太田の味噌っぽさを少々感じる組合せは、夜の太田ではコチラ以外にはございません。
狭小な店舗ではありますが、お試しいただければ幸いです。

ごちそうさまでした

49cc的評価
★★★☆(3.5/5)
関連記事
【ジャンル】:グルメ 【テーマ】:ラーメン
コメント(0) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://gencharry.blog63.fc2.com/tb.php/2699-672a22ee
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。