-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016-02-27 06:03 | カテゴリ:太田市/らぁめん廣(旧 日本一)
らぁめん廣

みそラーメン 700円(カス・アブラ) モツメシ小 200円

【トッピング】

廣1 廣2
店舗情報
住所:群馬県太田市新田村田町1224-7
定休日:不明
営業時間:11:30~14:30 18:00~22:00
現在『特濃』は提供いたしておりません、お気をつけください。
*この記事の写真は消音カメラを使用している為画質が劣化しています、ご了承下さい。

クサウマの聖地『らぁめん廣』さんへ約一月ぶりにお邪魔してみました。
訪問理由はコレを知って、まずはルーツで食っておかないと(笑)
店内は山さんの3倍程度の『クサ』が漂い、この臭いだけでゴハンがいただけるほど。

メニュー&オブジェ
廣3 廣4
基本メニュー以外は壁に掲示されております、ちなみにまだ『和風』があることにビックリです。
トピックとしてはTJに『カクニラーメン』をクーポンつきで掲載したら、お客様が増えているんだそうです。
実用性とモダニズムを両立したバウハウス調のオブジェも健在です(爆)

貫禄の一杯はコチラ
廣5 廣6
みそラーメン 700円(カス・アブラ) モツメシ小 200円
モツ オン ザ ラーメン でお願いしてみました。
廣7 廣8
目を背けないでください。
もつ煮、チャーシュー、海苔、以下見えないけど、メンマ、モヤシ、ワカメ、ウズラが乗って到着です。

もつ煮
廣9 廣10
大腸のみを使用したもつ煮は味噌ではなく醤油を軸とした甘辛系の味付け、大きめにカットされた大根ともども濃い目に調味されており『漢』向けの仕上がりです。

スープ&麺
廣11 廣12
特濃でなくても十分以上の豚の風味とコクが感じ取れ、素スープと味噌ダレが拮抗する程に主張しております。
店主様に確認したところ、特濃として提供はしていないけどスープは作っているらしく、ノーマルスープに継ぎ足しているらしいです。
なので、特濃があった時代のノーマルよりも確実に濃い仕上がりになっております。
そんな面倒なことをコチラの店主様がする事自体信じられません(爆)
味噌スープともつ煮のタレの相性もすばらしく、グビグビがとまらない、イタタもとまらない。
大橋製麺謹製の中太麺は毎度のことですがこの一杯には欠かせない存在であります。


廣13 廣14
バラとモモの2枚のチャーシューは甘めの味付けは不変ながら、バラ肉はバラチャーシューと言う半ばサービス品に使用していたのと同じと思われ、モモに比べて肉質が落ちます。個人的には以前の肩ロースが一番好きです。
メンマ、ウズラは完全に箸休めですが、濃いスープと一緒にいただけば大満足。
廣15
これ 何ですか。

別丼
廣16 廣17
モツメシ小のゴハン
米質が残念なのはルーツからなのか!(爆)
モツ・カス・チャーシュー 夢の競演を楽しめました。
廣18
コレだけでゴハン一杯食えてしまうほど。

ノーマルの味噌なんて桐生時代にもあまりいただいた事もなかったけど、上で触れたとおり濃いスープをノーマルに加えているからか、十分以上の豚風味で大満足。加えて、もつ煮トッピングと言う裏技まで発見でき、有意義な訪問となりました。
この組み合わせは くせになりそうです。
ただし この仕様がいつまで続くかは判りかねますのでご承知置きください。

ごちそうさまでした

49cc的評価
★★★★☆(4.5/5)
関連記事
【ジャンル】:グルメ 【テーマ】:ラーメン
コメント(0) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://gencharry.blog63.fc2.com/tb.php/2749-60a5aa44
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。