-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016-03-01 00:27 | カテゴリ:●西毛(高崎・安中・富岡)
麺処 鶴舞屋

塩そば 650円

【淡麗新店】

鶴舞屋1 鶴舞屋2
店舗情報
住所:群馬県高崎市田町108
定休日:水曜日
営業時間:11:30~14:00 17:00~24:00
*この記事の写真は消音カメラを使用している為画質が劣化しています、ご了承下さい。

高崎の新店であるコチラ『鶴舞屋』さんへお邪魔してみました、食の道場ご出身との事ですが、どんな一杯がいただけるのでしょうか。
狭小(スマソ)な店内はカウンターのみ、開店直後にお邪魔しましたが既に先客様がいらっしゃり、あっという間に外待ち行列ができております。

御献立帳
鶴舞屋3 鶴舞屋4
塩&醤油
鶴舞屋5 鶴舞屋6
鯛&煮干
鶴舞屋7 鶴舞屋8
豊富なメニューなのでどれにしようか迷うほど、そんな時は塩一択。

お楽しみの一杯はコチラ
鶴舞屋9 鶴舞屋10
塩そば 650円
チャーシュー、メンマ、青菜、海苔、白髪ネギ、カイワレが乗って到着です。

スープ&麺
鶴舞屋11 鶴舞屋12
表層に浮く香味油(鶏油?)がやや甘みを醸し出し、素スープ由来の鶏の風味と相乗。
塩ダレはカドがなくまろやかに仕上げてあり、乾物魚介の風味と共にスープ全体を整えます。
トッピングされた干し海老はやや塩気を伴いますので、後半に味変えアイテム的にいただきました。
やや黄色みがかった細ストレート麺は粉とかんすいがバランス良く香り、過度の主張はないながら丼全体のバランスは良好です。


鶴舞屋13 鶴舞屋14
バラ巻きのチャーシューはやや薄めで肉感を残した煮加減、調味加減の塩梅もなかなかですが、獣臭を伴う肉質が残念。
メンマは箸休めとしては問題なしです。
鶴舞屋15 鶴舞屋16
青菜は風味が控えめなので冷凍の可能性あり、白髪ネギは個人的には大好きです。

後半は表層の油が少なくなり旨みが控え目になりますが、干し海老といっしょにいただくと絶妙な味変えアイテムになっておりました。
看板商品の『鯛』の評判がなかなかなので、機会をがあれば再訪したいお店でした。

ごちそうさまでした

49cc的評価
★★★☆(3.5/5)
関連記事
【ジャンル】:グルメ 【テーマ】:ラーメン
コメント(0) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://gencharry.blog63.fc2.com/tb.php/2752-647e6b9e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。