FC2ブログ
2012-03-25 11:20 | カテゴリ:桐生市/ROOSTER
雄鶏 ROOSTER

醤油ラーメン 650円

市街地再生

雄鶏1
店舗情報
住所:群馬県桐生市本町6-398
定休日:水曜日
営業時間:11:00~14:30(現在は昼のみ)

旧い街並が素晴らしい風情を醸し出す桐生市の旧市街地。
その景観の素晴らしさとは裏腹に街行く人がまばらなのが現実でございます。

雄鶏2

シャッター通りと化した旧市街地の活性化を目指し、元豆腐店の店舗を改装し開店したのがコチラでございます。

メニュー
雄鶏3

3/17の開店時には存在した「ライス」が早くもメニュー落ちの模様です。
委員長 スマソ(爆)

まずは一番上のメニューをいただきましょうかw
雄鶏4
醤油ラーメン 650円

所謂最近の流行りの要素を兼ね備えており、バラストレートチャーシュー、海苔、青ネギ、穂先メンマが奢られ端正なビジュアルを呈しております。

スープ
雄鶏5

鶏の下支えがしっかりとした清湯スープは醤油のまろやかさを感じる事が出来ます。
魚介の風味が後味に感じられますが、主役は「鶏」と言う事なんでしょうw
香味油が心地よく香り、どちらかと言えば「和」よりも「洋」を感じるスープです。
初動では後味に若干のもの足りなさを覚えましたが、後半になるにつれじんわりとしたグル系の旨味を感じる事が出来ました。

かなり(・∀・)イィ!


雄鶏6

木箱に入れられた細ストレートの自家製麺はやや硬め程度の茹で加減、十分に粉を感じられますがかと言って出過ぎる事もなく非常に良い塩梅でございます。
さすがは「自家製麺」に拘るお店の出身、「のかぜ@深谷」「秀虎@伊勢崎」などとも共通しますが素晴らしい製麺技術ですねw


雄鶏7 雄鶏8

トロホロまで煮込まれたバラチャーシューはシットリとした食感、出身店と同じ業者が納入していると思われますが(花輪で確認)質に関しては全くの別物です。
メンマの味付けは非常に控えめで、スープが主役である事を改めて感じます。

雄鶏9

特筆すべきは調理工程の丁寧さ。
「親子鍋」にチャーシューとメンマを載せ麺茹機の発する熱で加熱をしておりまして、適温の状態で提供されます。

端麗な鶏清湯スープがいただけるお店は東毛地区では少ないので、これからの発展が非常に楽しみです。

ごちそうさまでした

49cc的評価
★★★★(4/5)
関連記事
【ジャンル】:グルメ 【テーマ】:ラーメン
コメント(8) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://gencharry.blog63.fc2.com/tb.php/970-1b0bd636